ウクレレを習っていなかったら、私の人生はとても寂しかった

今やっている習い事は、自分としてはかなり難しい事です。もともと洋服作りなども習い事をして見に付けたのですが、型紙を自分で作る事ができませんでしたので、パターンも作りたいと思うようになったのです。パターンというのは洋服の元となる設計図のようなもので、これを作るにはある程度の知識も要りますし、様々なアイテムを作れるようになるには、かなりの時間もかかるのです。

私は通常の12回コースを終えたのですが、それだけでは完全に身に付かず、フリーコースに通うようになりました。最初は原形の扱いすらままならないような状況だったのですが、最近では製図も先生の型紙を参考にすれば、ある程度は形になるようになりましたし、ドレーピングになるシーチングのカットまでは行えるようになりました。それまでは、囲み製図すらよく分からないような状態だったのですが、立体裁断の事が少しばかり分かるようになりました。

シャツやワンピース、ジャケット、コートなどあらゆるアイテムをどう作るのかがわかってきたのです。もちろん先生からはまだまだとは言われているのですが、図面を引くことができる様になっただけでも私としてはかなりの進歩なのです。習い事というのは趣味とだけ思われがちなのですが、もちろん個人的な仕事にも役立つものですし、実際に私も自分の仕事に役立つ習い事を選べたと思います。これからもさらに学んでいきたいと思います。

ウクレレ入門

育児中の私でもフラを踊ることが出来たのはこの教室のおかげ

現在、1~10歳の3人の子供を育児中です。この春に、長男が1年生になりました。入学をきっかけに習い事を始めようと考えています。
長女は1人目ということもあり、「あれをさせたい、これもさせたい」という気持ちが早くからあって、結果的には1歳から習い事を始め、1度もやめることなく現在も週3日習い事に通っています。
長男ももっと早くから何か習い事をさせたかったのですが、上の子の習い事の都合上どうしてもそちらを優先せねばならず、「これをさせたいな」と思っても上の子の習い事と時間がかぶってしまって無理ということが何度もありました。
長男は「サッカーを習いたい」と言っているので、ぜひさせてあげていところですが色々探してみるもやはり曜日や時間が合わなかったり、曜日や時間が合っても遠くて通えない場所でした。
姉弟とも差別なく同じ数だけの習い事をさせてあげたいと思いますし、男の子の習い事といえば野球やサッカーなので、長女とはまた違った習い事で私自身も楽しみたいと思っています。
周りのお友達でも、同じように上の子は習い事を色々していて、下の子はしていないパターンや下の子の方が習い事の数が少ないという話をよく聞きます。
こう考えると、1人目の時にすぐにあれこれさせるのではなくて、2人目以降の子にも同じようにしてあげることができるかどうかをちゃんと考えたうえで習い事を始めるべきだったなと少し後悔しています。

フラダンス教室